1. 無料アクセス解析

BAR LAST FIZZ

池袋東口にあるジャズバー ラストフィズのアナログレコードやCDを紹介します

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Choice by Sunaga t experienceChoice by Sunaga t experience
(2011/12/07)
Sunaga t experience

商品詳細を見る


ビルボード・チョイス/須永辰緒

「Billboard」が放つカヴァーシリーズ第2弾は“レコード番長”須永辰緒=Sunaga t experience! 多彩な女性ヴォーカルたち(と異色な男性ヴォーカル)を迎え、誰もが耳にしたあのビルボード・ヒッツを調理。苦難に見舞われた2011年日本に捧げる「上を向いて歩こう」収録!
東京・大阪でライブレストラン、「Billboard Live」を運営し、海外からスティーリー・ダンやジョージ・クリントン、セルジオ・メンデスなど世界基準のトップ・アーティスト、細野晴臣やキリンジら良質な国内アーティストもブッキングしてきたBillboard Japanが、「Billboard Records」を立ち上げた。そのカヴァー・シリーズ『Choice』第2弾に登場するのはSunaga t experience。日本で最も忙しいDJとしてクラブ/ジャズ・シーンを牽引、プロデューサー/リミキサーのみならず文筆家としても大活躍する“レコード番長”須永辰緒が主宰するプロジェクトだ。ライフワークとなっている『須永辰緒の夜ジャズ』シリーズでも知られるとおり、良質な音楽の紹介者としてリスナーから信頼の篤い氏がカヴァー曲として選んだのは、シカゴやポリス、シャーデーらのオトナが香るビルボード・ヒット曲。それらを9人の女性ヴォーカルが見事に歌い上げる。一方、唯一の男性ヴォーカルである“親方”が歌うのは、1963年6月にビルボード週間ランキング第1位を獲得した「上を向いて歩こう」。震災後の日本を勇気づけたあの曲を2011年を締めくくるこのリリースに“チョイス”したことは、須永氏、そしてビルボードからのこの国への明確なメッセージとなるだろう。

1. MORNING TRAIN (9 TO 5) (SHEENA EASTON) feat.chihiRo(JiLL-Decoy association)
2. SILLY LOVE SONGS (WINGS) feat.Sofia Finnila
3. YOU GOTTA BE (DES'REE) feat.AZUMI(Wyolica)
4. HARD TO SAY I'M SORRY (CHICAGO) feat.井手麻理子
5. 99 RED BALLOONS (NENA) feat.万波麻希
6. SAY YOU LOVE ME (PATTI AUSTIN) feat.Mika Arisaka
7. THE SWEETEST TABOO (SADE) feat.ナガシマトモコ(orange pekoe)
8. MESSAGE IN A BOTTLE (POLICE) feat.yu-ri(Blu-Swing)
9. BIRDS (NEIL YOUNG) feat.具島直子
10. 上を向いて歩こう (坂本九) feat.敷島a.k.a 安治川親方
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://lastfizz.blog19.fc2.com/tb.php/442-ae5ddfd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。