1. 無料アクセス解析

BAR LAST FIZZ

池袋東口にあるジャズバー ラストフィズのアナログレコードやCDを紹介します

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイム・シューティング・ハイ(紙ジャケット仕様)アイム・シューティング・ハイ(紙ジャケット仕様)
(2005/06/29)
アン・リチャーズ

商品詳細を見る


アイム・シューティング・ハイ/アン・リチャーズ

50年代の西海岸で活動したジャズ・シンガーは多いですが、美貌と実力をこれほどハイレベルで兼ね備えていたのはルーシー・アン・ポルクとアン・リチャーズぐらいでしょう。アンがバンド・リーダーであるスタン・ケントンと結婚したときは、多くの男性ファンが悲嘆にくれたとのことです。10歳の頃から歌い始めた彼女は、チャーリー・バーネット楽団の専属シンガーになったことで出世への糸口をつかみました。そしてケントン楽団に参加、押しも押されもせぬ地位を獲得します。このアルバムはウォーレン・バーカー編曲、ブライアン・ファーノン指揮のビッグ・バンドが伴奏した1枚。弱冠23歳のアン・リチャーズ、みずみずしくキュートな歌声をどうぞ。 聴き所:トラック(3)「Nightingale 」 ラテン・リズムで情熱的に迫ります。

1. I'm Shooting High
2. Moanin' Low
3. Nightingale
4. Blues In My Heart
5. I've Got To Pass You House/To Get To My House
6. Deep Night
7. Poor Little Rich Girl
8. Should I
9. I'm In The Market For You
10. Absence Makes The Heart Grow Fonder
11. Lullaby Of Broadway
12. Will You Still Be Mine?


Ann Richards(vo), Warren Barker(arr), Brian Farnon(cond)
Recorded in Hollywood, 1958








スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://lastfizz.blog19.fc2.com/tb.php/430-f07cf942
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。