1. 無料アクセス解析

BAR LAST FIZZ

池袋東口にあるジャズバー ラストフィズのアナログレコードやCDを紹介します

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フィル・トークス・ウィズ・クィルフィル・トークス・ウィズ・クィル
(1999/05/21)
フィル・ウッズ=ジーン・クイル

商品詳細を見る


フィル・トークス・ウィズ・クィル/フィル・ウッズ

うまいだけでは無味乾燥。とはいえ、いくら味があってもヨレヨレの演奏なんて聴きたくない。うまくて味のあるジャズがいい。そんなぜいたくな注文にドンピシャリでこたえるアーティストが、フィル・ウッズ。ウッズのアルバムは多いが、どれを買っても後悔することはまずない。非常に確率の高いアヴェレージ・バッターである。
本作は、ジーン・クイルとの2アルト・チームによる代表傑作。ウッズとクイルはともにチャーリー・パーカーを敬愛する白人アルト奏者であり、意気投合して57年にコンビを組んだ。チームとしての活動期間は短かったが、抜群のコンビネーションとぴったり息の合ったエキサイティングな演奏でたちまち評判になった。
数あるアルバムのなかでも、人気があるのはやはり本作。ソニー・ロリンズの<1>、チャーリー・パーカーの<5>など、ジャズメンのオリジナルを取り上げた選曲もよく、このチームの魅力である情熱的な演奏をたっぷりと味わえる。<2>の熱いプレイなどは最高だ。

1.Doxie 1
2.A Night In Tunisia
3.Hymn For Kim
4.Dear Old Stockholm
5.Scrapple From The Apple
6.Doxie 2

Phil Woods(as)
Gene Quill(as)
Bob Corwin (p)
Sonny Dallas (b)
Nick Stabulas (ds)

1957/9/11 & 10/8
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://lastfizz.blog19.fc2.com/tb.php/395-b54477a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
まとめtyaiました【PHIL TALKS WITH QUILL /Phil Woods】
フィル・トークス・ウィズ・クィル(1999/05/21)フィル・ウッズ=ジーン・クイル商品詳細を見るフィル・トークス・ウィズ・クィル/フィル・ウッズうまいだけでは無味乾燥。とはいえ、いくら味があってもヨレヨレの演奏なんて聴きたくない。うまくて味のあるジャズがいい。そ...
2012/05/13(日) 13:05:39 | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。