1. 無料アクセス解析

BAR LAST FIZZ

池袋東口にあるジャズバー ラストフィズのアナログレコードやCDを紹介します

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
416PTH2C7GL__SL500_AA240_.jpg

セルフレスネス・フィーチャリング マイフェイバリット シングス/ジョン・コルトレーン

本作の最初2曲は63年7月7日のニューポートジャズフェスでのマッコイ・タイナー等を従えたカルテットでの演奏。ただし、ドラムはレギュラーのエルヴィン・ジョーンズではなくロイ・ヘインズ。3曲目はアセンションを録音してフリー・ジャズの世界に足を踏み入れて間もない、65年10月14日のスタジオ録音で、エルヴィン・ジョーンズを含むレギュラー・カルテットにファラオ・サンダース等が加わった総勢7名を従えての演奏。

1. マイ・フェイヴァリット・シングス
2. アイ・ウォント・トゥ・トーク・アバウト・ユー
3. セルフレスネス


ジョン・コルトレーン(ts), ファラオ・サンダース(ts), ドナルド・ギャリソン(bcl,b), マッコイ・タイナー(p), ジミー・ギャリソン(b), エルヴィン・ジョーンズ, ロイ・ヘインズ(ds), フランク・バトラー, ジュノ・ルイス(perc)
スポンサーサイト
コメント

わーい。
「マイフェイバリット シングス」は、もともとオリジナルからアレンジものまで好きでしたが、コルトレーンのを聞いた後からはもっぱらこの曲がお気に入りになりました。
ステキですよねー。
2009/10/20(火) 15:36:56 | URL | かいと #mQop/nM.[ 編集]

最近ではJRのCMですっかりおなじみなので人気のある曲ですね。
そういえば1Q84にもにくい表現でこの曲が登場していました。
2009/10/21(水) 13:06:32 | URL | サトー #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://lastfizz.blog19.fc2.com/tb.php/227-c9d9cf05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。